最新のブラウザをご利用ください。

現在お使いのバージョンの Internet Explorer はまもなくサポートされなくなります。サポートされないブラウザでは、一部の機能が正常に動作しない可能性があります。最新のブラウザにアップグレードして下さい。

  • Google Chrome

  • Firefox

  • Safari

  • Internet Explorer 11+

ビットコイン・エターナルコイン・リップル等仮想通貨の比較ナビサイト

お問い合わせ

仮想通貨の基礎知識

仮想通貨のメリット

  • 全世界共通で使える
  • 海外送金の手数料がほとんどかからない
  • 匿名性が高い
  • 儲かる、投機の対象として2,400円が1,800万円になったこともある。

仮想通貨が世界的に普及しているのは、海外送金時や決済にほとんど手数料がかからないことが大きいが、それ以外にもある、日本に住み、世界的に信用力が非常に高い(円)を使う私たちにはピンとこないことかも知れないが、海外において中央銀行が発行する通貨への信用力が低い国では仮想通貨のメリットが大きくなる。

例えば、2013年、ギリシャの金融危機でキプロス共和国が財政難に陥ったときに、キプロス政府が国民の預金の一部を取り上げようとしたため、自国通貨よりも信頼性があり、国家権力の及ばないビットコインへ資産を移したものもいた。

さらに、アメリカでは、不法移民は銀行口座を作ることができず給与を受け取ることが出来ない。仮想通貨の匿名性を利用すれば、生活の安定につながる可能性もある。

仮想通貨のリスク

  • 日本においては、仮想通貨を使えるシーンが少ない
  • 「仮想の通貨」なので評価が定まっておらず暴落の恐れがある
  • 高い匿名性から犯罪に利用される可能性。ネット上の通貨なのでサイバー攻撃などの恐れがある

使い勝手のよい仮想通貨ですが、デメリットも少なくありません。
ビットコインの利用者は欧米に多く、日本ではごく少数の利用です。 楽天やGMOなどでも利用できるようにはなってきていますが、利用出来るシーンが限られています。
また、需要と供給のバランスからが大きく変動することも多く、保有している仮想通貨が暴落するリスクもあります。
また、高い匿名性から、犯罪利用も懸念されています。ネット上という特性上、サイバー攻撃に対する不安もつきまといます。

仮想通貨と現金、クレジットカード、 電子マネーの違い

違いがありすぎて、説明が難しいのですが、以下をご覧下さい。

現金 クレジットカード 電子マネー 仮想通貨
形状 紙幣・硬貨 カード 電子的データ 電子データ
発行元 中央銀行・政府 企業 企業 プログラム
法律 日本銀行法 資金決済に関する法律 資金決済に関する法律 検討中
開始時期 1982年~ 1950年~ 1990年~ 2009年~
流通規模 約90兆円 約56兆円 約1.2兆円 約2兆円
例えば 1万円札、100円玉など JCB、三井住友カードなど ナナコ・パスモ・イコカなど ビットコイン・リップル・エターナルコインなど
信頼性
将来性

※2013年データ、日本国内での比較

円が破綻することは考えづらいが、インフレさらにハイパーインフレなど起こす可能性はある。
銀行にお金を預けても、すずめの涙ほどの利息・・・。
信頼性、法整備など、まだまだ、これからの部分は多いが管理人は仮想通貨の未来は非常に明るいと見ている。

仮想通貨はどうやって買うの?

  • 仮想通貨をは取引所で購入します。
  • 仮想通貨によっては取引所が複数ありどの取引所で購入をすればよいか悩むところです。
  • 取引所選びを間違えると、マウント・ゴックス事件のように預けたお金が全てパーとなってしまうので注意が必要です。

ここでは、それぞれの仮想通貨でのおススメ取引所を紹介致します。

おすすめ取引所
knowledge_item01

リップル東京JPY発行所

そもそも仮想通貨とは

仮想通貨って何??という人向けの3分でわかる「仮想通貨初心者のあなた」まずはこちらをご覧あれ!!

仮想通貨の基礎知識

仮想通貨は何となく理解したあなた向け。基礎を押さえて「仮想通貨」通になろう。

よくある質問

安全性は?どうやって購入するの?法律はどうなっているの?など仮想通貨へのよくある質問をまとめました。